映画

City Lights

最近の映画を全く観れてないですが、、

『そして、父になる』
知らぬ間に。理解しがたい事が多い、、まったくもっての国力低下。

知らぬ間に子供がすり替えられてたとしたら。
恐ろしすぎる、、
安定感。台詞。スリムで感情をためさせないのも潔くて心地良。
自然といつのまにか画面に釘付けになってました。いい映画だと思います。

色々考えてしまいますね。


是枝監督。
『誰もしらない』素晴らしかった。
『万引き家族』もすごく面白かったですしね。
主演の子もかっこいいし、安藤さくらも松岡茉優も素敵だし。
久々また見てみようかな。

チャップリン『街の灯』

浮浪者であるチャップリンが盲目の花売りに恋をする。というお話。
いやー素晴らしい。

1回も笑わなかったけど、
泣きたくなるくらい愛おしい物語。枕元において寝たい話。

絵本にしたいくらいです。また泣きそう。
またもう少し歳とってから観たいな。

『KOTOKO』

早朝観たらあまりにもヘビィーで。
ヘビィーというか、、なんつうか、、ホラー映画さながらの演出に笑ってしまったりしたけど、
感想もなんて言っていいかわからない。かなりやられました。

少々グロッキー気味なハートに根性を入れ直しながら
焼酎を飲んで音楽を聞いてます。雨音もキモチいい。

『アイズワイドシャット』
完全に釘付け、、揺るぎない安定感のある試合運び。
完璧にことをなすそのストーリーと非凡なユーモアにはただただため息がでるばかり。

妥協のない繊細な映像美にはアスリートなみのこだわりと気高さを感じてしまう。
あくびをする暇もないくらいピュアな瞬間。久しぶりに堪能しました。

Tags