コラム

二度目の読書

寒いですね、、急に寒い。。先日の北海道の10℃を経験してて良かった。。
土曜日は暑かったのに、、
雨多いですね。。なんかスッキリしないです。

なんだか急にこの曲を思い出して。
いい曲だなぁ〜って。歌詞も好きです。
チャゲアス。親が好きで、車の中で小さい頃よく聞いてました。
親の影響って大きいですよね。
iTunesで聴けないのが残念、、CD実家から持ってくるか。。

以前、為末大さんのYouTubeを紹介しましたが、
昔誕生日プレゼントに為末大さんの本をもらったことがあり、
『多分、江藤君好きだと思うから』
って。プレゼントって嬉しいですね。その人が何が好きかな?
って気持ちだけでも嬉しいものです。

面白いです。この2冊。
スポーツの世界だけでなく、色んなことを考えさせられる。

淡々と真実を述べている。
もちろんとんでもない努力をされてるから出てくる言葉。
これがホントの優しさでしょ。って思います。
だから優しい人は厳しい。
なので僕にはこの本、『厳しいなぁ〜』って思いました笑
優しさって根性だと思ってるので、最後まで優しくしないと優しくないですよ。
中途半端な優しさいらない。
形だけの助言や夢に向かって〜世界を〜プロに〜なん言えないし、いらないよな。と改めて思いました。
そして、やっぱりスポーツって厳しい世界だよなーってつくづく思います。

  • やめることは『決める』こと『選ぶ』ことに近い。
  • あれもこれも手に入れたいと言う発想のいく先は、つねにできてない。足りてないという不満になる。
  • たかが人生、踊らなにゃそんそん
  • 人はシチュエーションと関係性によって、いろいろな自分を演じている。そう考えると、本来の自分などない。
  • 努力には『どれだけ』がんばるか以外に、『何を』がんばるか、『どう』がんばるか、という方向性があるということだ。

などなど。この本。子育て本としてもオススメです。
自分の子供に対する接し方も今のままでいいかな。と後押ししてくれるものでした。
家にある本あらためて読んでみるとまた読み方も変わってて新しい気づきがありますね。
そして買ったまま読んでないものも多い。。
電車に乗る機会も増えそうなので年末にかけてたくさん本が読めそうで嬉しいです。

Tags